AddClips

スターバックスコーヒー

47News

無料ブログはココログ

« 「不二家」のバースデーケーキ | トップページ | 新緑の季節「グリーンピース」 »

2008年5月28日 (水)

「源氏物語千年紀展」 京都文化博物館

王朝文化が華やいだ平安の都。一つの物語が貴族たちの間で話題となりました。

その物語は、「源氏物語」 作者 紫式部

京都文化博物館で開催されている、開館20周年記念特別展「源氏物語千年紀展」に行って来ました。平日の夕刻にも関わらず、賑わっていました。

紫式部といえば、物語作家だけでなく歌人、宮廷女房の顔を持ちます。紫式部からの展示で始まる特別展会場は、数多くの国宝が展示されていて思わず見入ってしまいました・・・・。

■国宝 藤原道長最古の日記「御堂関白記」(平安時代)

■国宝 藤原行成「和漢朗詠集」を書写した「倭漢抄」

■重要文化財 源 兼行「和漢朗詠集」

源氏物語の「図屏風」もたくさん展示されていました。本というのは、長い間「墨」と「筆」によってのみ書かれて伝えられてきたけれど、今の私たちが「源氏物語」を読むことが出来るのは、「書写の営み」のおかげである。・・・・と記されてありました。(なるほど・・・・。)

江戸時代に爆発的に普及した「源氏物語」は、近代的な印刷技術の恩恵にあずかって多くの現代語訳にされています。あまり知られていないそうですが18ヶ国の外国語に翻訳もされているそうです。例えば・・・・

・英語 『The Tale of genji』

・イタリア語『Il romanozo di Genji』

・オランダ語『Het verhaal van prins Genji』  などなど・・・・。

漫画家 大和和紀さんの「あさきゆめみし」のカラー原画が4点、展示されていることで若い世代に普及したことを物語っていました。

歴史を肌で感じ、歴史の中を生きている・・・そんな思いのするロマンティックな特別展でした。開催は、6月8日(日)まで・・・。

« 「不二家」のバースデーケーキ | トップページ | 新緑の季節「グリーンピース」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1013413/21245394

この記事へのトラックバック一覧です: 「源氏物語千年紀展」 京都文化博物館:

« 「不二家」のバースデーケーキ | トップページ | 新緑の季節「グリーンピース」 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31