AddClips

スターバックスコーヒー

47News

無料ブログはココログ

« 食の未来 | トップページ | 感動した弔辞 »

2008年8月 7日 (木)

応援に力が入るこの夏

スポーツ真っ盛りsign01

明日からは北京オリンピックevent 高校野球にプロ野球baseball サッカーJリーグsoccer

スポーツには「応援」がつきもの。今日、地元新聞に少し面白い記事がありました。

■「ゲンダイ人類学」~応援はプレイ?~

競技よりも応援そのものを楽しんでいるような光景を見かける。そもそも応援って献身的なのかエゴの断面か。それとも、一種のプレイ(遊戯)なのだろうか?(8月7日付京都新聞より抜粋)

私の感想として、応援を競技別に考えてみると・・・・・・・

プロ野球は完全に自分たち(応援側)が楽しんでいるという感じ。特に、「阪神タイガース」。あのジェット風船は飛ばしている間や風船を膨らませている間、完全にplayを見ていない!2アウト満塁一打出れば逆転!なんて時も風船に夢中sweat02 気がつけばチェンジになっていたりします。

私が独身だったころ、友達の彼氏が大の「阪神ファン」で、好きでもないのに仕方なく甲子園球場に応援に行ったことがあります・・・。と、そこで見た光景。あの普通におとなしい友達の彼氏が「私設応援団」と書かれた(刺繍)黒の法被を着て「トランペット」をパーパーパーパッパnotes と吹きまくっているのを見てドン引きしてしまった思い出が 。(そこまで人を変えてしまう何かがあるんだ・・・・。)

そう、自分で応援を楽しんでいる、自分を表現しているのでした。

そして、2002年の「日韓同時開催サッカーワールドカップ」も盛り上がりました。

「にわかファン」といわれる人が顔にペインティングをして、スポーツバーで飲食をしながら盛り上がります。現地に行けない人、遠くからでも応援したい、ファンとその場を共有して一体感を求めたい・・・。

高校野球は主にメンバー以外の部員がスタンドから声援を送ります。ファインプレーには賞賛を、ミスをしたplayには励ましを。メガホン片手にメンバーに送り続けます。試合が終わったあとには相手校にエールの交換をします。今、開催中の「全国高校野球大会」。一塁側と三塁側で応援が繰り広げられていますが思わず接戦になるとどちらのチームも応援したくなりますね。

野球で思い出したのですが大リーガーの松坂大輔選手は相手チームの「ブーイング」も自分への応援として力にしているというコメントを見たことがあります・・・・どこまでポジティブ??。すごい精神力ですね^^ 

でも、この一体感ある応援も人と触れ合う場として大きな役割があるかもしれないけれど「マナー」には細心の注意を払いたいです。ヒートアップしないようにdash 競技ではないけれどコンサートはアーティストの歌に酔いしれ、また涙したりライブ感をたっぷり味わえます。自分自身を出してしまいたいファンがいるのも問題アリ。バラードをしっとりと聞く場面。声をあげてしまうファン。あ~あ、台無し・・・。んんっ。

応援の種類として私が最も好きな行為は「スタンディングオベーション」。最大の賛辞を相手に送りますshineshineshine

今までに感動して心から応援したことありますか・・・・。パフォーマーと一体感を味わえる応援。古代ギリシャの時代からの応援の源泉は競技者への尊敬と神への祈りだそうです。

« 食の未来 | トップページ | 感動した弔辞 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

そんなにスポーツ観戦は嫌いではないですが、
家でTVで観ているとあまり力が入らないです。
日韓同時開催サッカーW杯にダメもとで
チケットを応募してみたら当たったので、
イングランドVSフィンランドを
遠くから観戦しました。
べッカムが小さくしか見れなかったけれど、
周りの席の人達がイングランドの応援の人ばかりだったのでずっと立ちっぱなしで見てました。
やっぱりその場に行くとその雰囲気に呑まれてしまいますね。
それでも楽しければ良いのかな。
マナーを守って観戦できれば最高ですね。

yumiさん、こんばんは。
楽しく応援できればそれが一番!!
でも、社会の変化によって
応援も様変わりしてきた。。。

サッカーのサポーターの応援の仕方なんて
初めて見たとき、ビックリhappy02してしまいました。

日韓W杯、行かれてのですね、すご~いheart
さすがに座ってられませんよね。周りの状況から。それに見えないし。soccerdown

yumiさん、こんばんは。
スポーツは、観るのもするのも大好きです♪
何しろ、ウインブルドンで徹夜するくらいですし(笑)
観戦するときは、テレビの前でも「あぁっ!」だの「ぐわっ!!」だのと叫ぶので、チャンネルを試合観戦に合わせると、娘からクレームが来ます(汗)

>古代ギリシャの時代からの応援の源泉は競技者への尊敬と神への祈りだそうです
「競技者への尊敬」は、ものすごくわかります!
私は、パフォーマンスだけじゃなくて、鍛えられた筋肉を見ると、無条件で平伏しちゃいます。
オリンピック期間中は特に、筋肉美にウットリできるので嬉しいです(笑)

あさぼっちさん、こんばんはnight
スポーツは競技者と応援者との一体感が魅力です。幼少のころから一生懸命に打ち込んできた・・などの背景を考えただけで心から応援したくなりますねup

そうだ、あさぼっちさんのウィンブルドンのエントリー思い出しましたhappy02 観戦熱中タイプですね(笑)見るときは静かに見てくださいっ←お嬢さんの味方。

今日からしばらくの間は一流アスリートたちの競演が楽しみですね。ウットリしちゃいましょう―。ところで、今現在まだ入場行進中ですね・・・。あ~最終聖火ランナーが見たいのに、もう眠いsleepy

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1013413/22849716

この記事へのトラックバック一覧です: 応援に力が入るこの夏:

« 食の未来 | トップページ | 感動した弔辞 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31