AddClips

スターバックスコーヒー

47News

無料ブログはココログ

« 応援に力が入るこの夏 | トップページ | 浅見帆帆子著■「あなたの運はもっとよくなる!」~私が実践している36の方法 »

2008年8月 9日 (土)

感動した弔辞

たくさんの方から、勝間和代さんの「人生戦略策定セミナー」をシェアしていただき、開講地から離れた京都からですがブログのコミュニティーを通じて自分の力にしていき、日々勉強したいと感じています。shineそんな中に「自分の弔辞を書く」という宿題があったそうです。四つ葉さんブログに宿題をしている様子が書かれてありました。なかなか自分の弔辞を書くのは難しいですね・・・。

先日、漫画家の「赤塚不二夫さん」がお亡くなりになられ赤塚さんを「師」と仰いでいたタレントのタモリさんが弔辞を読まれたようです・・・。そのことに、触れたブログがあります。

私がほぼ、毎日アクセスしている さとなおさんの「さなメモ」です。このさとなおさんは、都内大手広告代理店に(あの○○。)勤務されていて(現在も)パソコンの黎明期にご自分でホームページを立ち上げられて以来、とうとう、先日トップページが「2500万アクセス」を突破されましたsign03ご本人はまだ社員であるため、お顔は公表されていませんが最近、本名で出版された本「明日の広告」(アスキー新書)のヒットで講演などでお忙しいそうです。でも、メールのお返事は日程はかかるものの必ずいただけますmail

そのさとなおさんの今日のエントリー「タモリの弔辞」は、ご自分の記録として残しておきたいので「全文」をアップされています・・・・。私も感動しました。映像で見ることはしていませんが「文字」でみるといろんなイメージが湧いてきます。こんな弔辞で送ってもらえるような人生・・・・そんな人間になりたい。赤塚さんのお人柄が浮かび上がってきます。そしてタモリさんのテレビでは見られないお人柄に感動しました・・・・。

やっぱり「クリエイト」な仕事っていいですね。いつまでも「作品」が残り愛され続けていくのですから。漫画で皆の心を「笑い」でいっぱいにする。これが赤塚さんの「ミッション」だったのですねshine

ぜひ、まだ知らない方は読んでみてください。お盆でもあるので少ししんみりな気持ちも許してもらえるでしょう―。

さとなおさん、ありがとうございます。

そして・・・・・・・・・・

赤塚不二夫さんのご冥福をお祈りいたします。

www.さとなお.com (さなメモ)

http://www.satonao.com/archives/2008/08/post_2340.html 

« 応援に力が入るこの夏 | トップページ | 浅見帆帆子著■「あなたの運はもっとよくなる!」~私が実践している36の方法 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。四つ葉です。

タモリさんの弔辞、教えていただきありがとうございます。読みながら、赤塚不二夫さんの人となりが目に浮かんできました。感動しますね。こんなふうに送ってもらえたらいいなと私も感じました。

さとなおさんのブログも初めて知り、今後もアクセスしていきたいと思っております。

ありがとうございましたshine

四つ葉さんcloverこんばんは。
コメントありがとうございます。

お名前載せてしまって、よろしかったですか・・。
連絡もせずごめんなさい・・。私は、書けるだろうか・・・四つ葉さんブログを見て感じていました。頭の隅に残っていて未だ書けていないのです(泣)

タモリさんの弔辞。噂では白紙を見てらしたとか・・・。だとしたらこれは又、敬服です。

それと、さとなおさん、また訪問してみてくださいね。良くご存じの広告会社にお勤めです。(漢字2文字)
CMプランナー、ウェブプランナーなどを手掛けるクリエイティブ・ディレクターです。私と年齢が近いこともあって、共感できるエントリーが多いんです。毎日欠かさず更新されています。

昨日から何度も送信に失敗!!
めげながらも書き直してます(笑)

載せていただいて嬉しいですよ~heart04
こうして、人の輪が広がっていくことに感謝しています。
弔辞を書くのは結構しんどかったです。
まだ、完璧じゃない気もしていますが、とりあえず現時点でのものということで。。単語だけでも書いてみたら良いかもしれないですね。

で、さとなおさん!!
あれから、「どこかで聞いたことが…」と思ったら!
以前、さとなおさんが、ご自身の母校の中高生向けに書かれた「不自由を満喫しよう」という文章を読んだことがあったのです(探しちゃいましたよ~笑)

いやぁ~驚きましたcoldsweats01
思い出させて下さってありがとうございます。
これもセレンディピティー?shine

四つ葉さんcloverおはようございます。

コメントは承認制になっているのですが、結構問題点もあるので、すぐに反映するように設定しなおしました・・・。

四つ葉さんのおかげで考えていた事がスッキリしました。ありがとうございます。

やっぱり自分の弔辞って難しい。でもミッションや人間性など1つづつ分解しておっしゃるとおり単語だけでも箇条書きでもいいからやってみるといいですね。
わかりました・・・。


もしかして、さとなおさんで
何か「セレンディピティ」が起こっていますねheart

何せ「2500万」アクセス突破されているので、さとなおさんのことをご存じな方は多いハズですgood

その「不自由を満喫しよう」っていうタイトル。興味をそそりますね~
さとなおさんワールドですねhappy02

yumiさん

こんにちは♪

さとなおさんのサイト+タモリさんが読まれた弔辞のご紹介、ありがとうございました!これが白紙を読んだものかもしれないなんて。
赤塚さんのお人柄や、お二人が仲間とわいわいやっている光景が目に浮かぶ、すばらしい弔辞ですね。

自分の弔辞は難しいです。でも、本当に自分がやっておきたいこと、何を大切にしたいのかが、くっきりしてきましたsun

Karenさん

こんばんはnight
コメントありがとうございます。

さとなおさんのさなメモ、毎日更新されています。
もう13年ぐらいですよね。すごいですね。
もう、ブログ界の「神様」ですshine

感動の弔辞を知ると、人生って・・。て考えますね。
社会的な地位や築き上げた名誉も素晴らしいけれど、みなさん、あんまりそのことには触れず、ひたすら
「本当に優しい人だった」とか「あなたの嫌な顔は一度も見なかった」とか人柄を惜しまれますね。

そう考えると「生き方」も自然と考えます。
Karenさんは、
>自分がやっておきたいこと、何を大切にしたいのかが、くっきりしてきました。

さすがですheart

常に、良い知識、良いアイデア、良い出会いなどを意識してそれを繋げて見つけていく・・・。
そんなイメージがあります。
私も見習いたいですっflair

yumiさん

さっそく”さとなおさん”に訪問してみました。
色々出版されてるんですね。
”ジバラン”って名前もいいですね。(もうないみたいですが)
この名前のセンスからして 書く事もすごくおもしろそうです!!

自分の弔辞はちょっと難しいですね。
こういう葬式にしてほしいと考えたことはありますが。。。


ゆうぴょんさん
こんばんはnight

コメントありがとうございます。
さとなおさん(さなメモ)。
クリエイトな方です。ジバラン(自腹を切って)
とか他にも人気があるみたいです。
東京の方なので、分野の先頭にいられると思います。
気に入ったらまた訪問してあげてください(って私は何者なのでしょう)


自分のお葬式か・・・。
弔辞の前にそれ、大事です(笑)
ひっそりと身内だけでしてほしいタイプ?
それとも盛大に?

何十年後、様式も変わっているかもしれないですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1013413/22881598

この記事へのトラックバック一覧です: 感動した弔辞:

« 応援に力が入るこの夏 | トップページ | 浅見帆帆子著■「あなたの運はもっとよくなる!」~私が実践している36の方法 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31