AddClips

スターバックスコーヒー

47News

無料ブログはココログ

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月29日 (木)

手洗い・うがい・睡眠

ひどかった咳風邪の具合も
良くなってきました・・・・。

勤務先、館内の乾燥で喉にダメージを
受けていましたが、
何とか凌いでいます。


008

これです!!→
「ゆず茶飴」!


カンロののど飴です。


「ゆず茶ペースト」が
入っていて
とても、おいしいのです――。

おかげで、喉は潤ってくるので
水分を余計に摂らずにすんでいます♪


カンロってたくさんの袋入りのど飴を
販売しているのです。
おかげで詳しくなりました。

(サイトはこちら♪)

この時期、空気の乾燥で
ウイルスが活動しやすく感染しやすい状態です。

とにかく、

「手洗い・手洗い・手洗い」
「うがい・うがい・うがい」
「睡眠・睡眠・睡眠」
です。

勝間式、三段活用。


2月、3月と、まだまだ油断はできませんが
予防を心がけて元気に過ごしたいものです・・・・・。

*前回記事ではお見舞いコメントいただき
ありがとうございました――。

2009年1月25日 (日)

風邪、ひいています・・・・。

今月の20日過ぎから、喉に痛みがあり
あっという間に咳風邪に・・・(私は「喉から」)

それでも、何とか仕事へは行っていますが、
のど飴を絶えず補給・・・・。
非常にコンディション×です・・・・。

就寝時には「マスク」、
そして、首を冷やさないためにタオルを巻いて
(パッと見たら非常に怪しい・・・・・)

咳のおかげで目の下には「クマ」、
しかしそんな、体調ながらも
日々頑張っています―――。

巷では「インフルエンザ」の声も
ちらほら・・・・・。
とにかく、早寝、食事バランスに気をつけて
克服いたします・・・。


この間、実妹宅できれいに咲いていた
「オリエンタルリリー」shine

これを見て元気になるぞっ!!

004

2009年1月21日 (水)

ミシェル夫人注目のドレス

今日は、朝からテレビ・新聞・ネットなど
「オバマ新政権就任演説」の報道、一色!!

演説時の様子は圧巻でした・・・・。
連邦議会議事堂前、凄い数の聴衆。

そんななか、
一連の報道ではファースト・レディーミシェル夫人のドレスに
目が行きました。

上品なイエローのドレス・・・・。shine
華奢ではないミシェル夫人にピッタリのデザイン。
笑うと真っ白な歯がとても印象的です・・・・・。

あ~~、心成しか夫人のほうが存在感、たっぷり。(失礼しました・・・・)


パレードでは、車から降りての沿道に向かって手を振るシーンも
感動的でした。
特に、夫人が左右の沿道に手を振る際、
空いているほうの手を片時も離さずオバマ氏と繋いでいるのは
かなりの、愛の深さを感じてしまいましたheart


ワイルド感と知的さが漂うミシェル夫人のこれからのファッション、
注目したいと思います。


*ミシェル夫人関連記事、3つほど・・・。
こちらこちらこちらですribbon

2009年1月18日 (日)

Googleカレンダーからのお知らせ

黄金の時間を作るため、時間の見直しを始めました・・・。

長男も20歳になったことだし(関係ないか・・・・(笑))
効率よく生み出した時間をさらに効率よくするために
再投資。
改善とメンテナンスを繰り返しながら
「黄金の時間」を着実に増やしていきます・・・・。
5年後、10年後の自分をイメージしなくては!!と思っているのです。

私の場合やっぱり、一日のうちの「家事」の時間の見直しが必要。
そして、いつも忘れがちな「予定」を事前に、把握しておくこと。
ベースは常に「手帳」に記入しています。

補完的に「Googleカレンダー」を使用していますが、
PCだけではなく、
モバイルに通知する設定を使い始めました。

早速、設定していた予定が1時間前に
携帯メールで送られてきました・・・・。
いつも仕事をしている最中など終わってからの予定を
あれこれいろいろと考えて気が散漫してしまうこともしばしば・・・・・・。

「Googleカレンダー」に設定しておけば
忘れてしまっていいんです!!(かな?)

手帳→Googleカレンダー→モバイル
この「仕組み」を確立して、あとは家族の予定なども
別カレンダーで管理・・・・。

すべての人に平等な1日24時間。
新しいことを考えられる時間「投資の時間」を
作り出すために日々改善&実行ですfuji

2009年1月15日 (木)

阪神・淡路大震災に想う

昨日、朝の7時すぎ、

「ゴゴゴゴ・・・・・・」という音と共に
家が揺れた・・・・。

地震だ。

思わず、立ちすくんだが大した揺れではなくすぐに治まった。

「あ~~、怖かった・・・そういえば
もうすぐ、1月17日やね・・・・」

あれから、14年。

14年前の1月17日、まだ熟睡していた朝の6時前だった。(発生時刻:5時46分)
何が何だか分からず、でも今までに経験したことのない揺れ。

意識も朦朧としたなか、
慌てて階段を駆け下りれば、やっぱり
水槽の水は飛び散り、食器棚の扉も全開だった。
本当に怖かった・・・・。

朝の忙しい時間。
少しづつ、時間が経つにつれ被害の大きさをテレビで確認する。
映像を見て愕然・・・・・・。

これがもし、京都が震源地だったら・・・・・
と、思うとゾッとした。

その時、うちの長男は幼稚園生の年長で
クラスでいつも仲よくしているお友達のお父さんが
その震災の後、
被災地に「ボランティア」として行かれた。という話を聞いた。

当時、知ってはいたもののイメージが湧かず、だだひたすら
聞くばかりだった。
「ボランティア」の認識が
一気に高まったのは、この震災からだという。
「すごい行動力のある方だ・・・」と
尊敬したものだった。
その方の体験記が保護者だよりに掲載されていた。

そして、当時、兵庫県西宮市に住んでいた友人の安否が気がかりだった。
他の友人たちを通じて、連絡がとれないこともわかった。
全くライフラインが遮断されていた。

ご実家を通じて元気でいることを知る。

後に本人から聞いた話では、
家じゅうの何もかもが倒れ、大切な物も壊れ、
今も思い出しただけで蘇ってくるらしい。
でも、家族全員無事でよかったです・・・・・。weep

いつ起こるか分からない地震。
でも、普段から予測することで被害を大きくせずに済むかもしれない。

地元京都新聞に今までの「統合型・地理情報システム(GIS)」に加え、
電子地図上を活用して調べたい断層の揺れやすさや
液状化を色分けして表示するホームページが今月下旬から公開されるそうだ。

*こちらです。

関西でも、ここ数十年には起こるとされているために
(内陸の浅い地震。プレート境界の巨大地震前後に集中して発生:
京都新聞にて)

日頃からの備えが必要です。

・避難場所の確認
・家具の固定
・2階での就寝  など。

風化しがちだけれど、この日を毎年迎えるたびに
亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに
震災を思い出す、貴重な1月17日なのです。

2009年1月12日 (月)

祝・成人の日

今日は成人の日。
昭和63年(1988年)4月2日から平成元年(1989年)4月1日生まれが
めでたく新成人の対象です。

そして、我が家の長男も新成人となります。

京都市では、岡崎にある「京都市勧業館みやこめっせ」
京都市成人の日記念式典が開催されました。


式典に出席する京都府内の新成人総数は「27,469人」で
昨年比、1,030人減(3.6%減)です。


その祝福のなか、必ずといっていいほど
報道されるのが、新成人の日本に対する将来への意識調査です。
民間会社などでの調査では対象となる新成人の半数以上が、
社会の役に立ちたいと思いながらも
職や就労への不安を感じているということです。


昨年、出版された
勝間和代さんの「日本を変えよう」(毎日新聞社)にも
若年層へのメッセージが書かれています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第1章 若い人が暗い国

若者たちの不安は、これまで述べたような、
はっきりとした言葉に翻訳できるものではなく、
もっと、漠然としたものかもしれません。人はみな、
持って生まれた自分の力を十分に発揮して
社会の一員としての自分の価値を確信するとともに、
私生活では伸び伸びと楽しむための政治的
自由と経済的余裕がほしい、と思っているはずです。
ひとことで言えば、幸福になりたい。しかし、
このままでの日本で、
自分たちは本当に幸福になれるのか、
つきつめれば若者たちの不安の根源はそれでしょう。
(P.24)


若年層の将来の不安は深刻です。

日本の人口減、年金制度、福祉制度の問題・・・・・。

実際、うちの長男も口にはしませんが将来の職の不安を感じているようです。
バブル期に誕生した世代。
思えば、高度成長で活気のあった日本や
バブルで浮かれていた時代を知らずに育った、
いわば、「失われた10年」なる言葉も感じていた世代です。

しかし、「日本を変えよう」による勝間さんの著書には
悲観材料ばかりではなく、明るい材料もあるとされています。

私たちのもつ危機感それ自体が、希望の材料でもあります。
今は弱い立場の若者たちは、無理解な
上の世代にいらだっているかもしれません。
でも、自然の世代交代は必ず来ます。考えはいろいろ異なる
かもしれませんが、いま日本を切実に憂えて、
問題の解決を模索している世代が
社会の中心になれば、おのずと日本の状況は変わるはずです。
(P.25)


人口が高齢化している日本ですが、
将来、活躍してくれる若い世代を持つ者としては
悲観的にならず、明るい社会が来るよう信じて行動するしかない・・・
そして、それを伝えていく義務がある、
と思っているのです。
過ぎていく毎日ですが、こうして新成人となった子を見ていると
若い力の可能性をひしひしと感じる一日でした。

勝間和代の日本を変えよう Lifehacking Japan

また、この日読み返した「勝間本」です・・・・・・・・・

2009年1月10日 (土)

梅干しの効用

前回に続いて「グルメ・クッキング」のカテゴリーで恐縮です・・・・・。
(1年の大半がこのカテゴリーだったらどうしよう・・・sweat01

やっぱり、お粥と言えば「梅干し」ですね!!

実妹からいつも貰います、
和歌山紀南の「山本農園」さんの「かつお梅」です。


もう、ここの「梅干し」は最高に美味しすぎる・・・・・
たいへんです・・・。

008

おいしそうでしょ――
梅、一粒が大きいのです。


009_2


この時点で、見ていただいた何人かのかたの「唾液腺」に異変が!!


こちらのサイトで紹介されていますが、
「梅干し」はクエン酸がたくさん含まれており、
とても体に良いのです・・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・

新陳代謝を良くして疲労回復に効果があります。「三毒を絶つ」は、すなわち食・血・水を清掃するという意味で、血液浄化が出来て万病に効果があるということです。


・・・・・・・・・・・・・・・


メンタル面で「三毒追放」実行して
体の内から「三毒」を断って、もう今年は間違いなくHappyな年になりますねshine

「疲労回復」「便秘解消」「殺菌効果」など
優れモノなんですね、梅干しは。


今年は、去年以上に体にいいものを食べるよう、
心がけます!

あ^^、白米にriceball梅干しがある、それだけで
幸せ・・・なのでした・・・・。

2009年1月 7日 (水)

七草がゆ

今日、1月7日は「七草粥」をいただく日です。

本当は「朝」にいただくと良いのですが、
都合により、夕食でいただくことにしましたhappy01


「春の七草」

006_2


左上から:ハコベラ スズシロ ゴギョウ ナズナ

左下:セリ ホトケノザ スズナ


こうして見ているだけで、健康になってきそうです・・・・。

元々、中国から来た習慣で、「おせち料理」でいっぱいになった
「胃」を休めるためです。

普段でも「お粥」は「胃」にやさしく消化も良く、体が温まりますねheart04
初春の若草をいただいて、無病息災を願います・・・・。

*七草粥の豆知識のサイトはこちらです。


出来あがりました―――

008


味付けはお塩で。
黒ゴマと白ゴマを
ふりかけます・・・・・・。

ん~~
美味しそうです・・・・・。

2009年1月 5日 (月)

「学問のすゝめ」

「天ハ人ノ上ニ人ヲ造ラズ人ノ下ニ人ヲ造ラズト云ヘリ」。

福沢諭吉 著書:「学問のすゝめ」の
有名な一節です。

活字では読まれている方も多いと思いますが、
最近、オーディオブックで見つけたのです。

「井田由美で聴く・学問のすゝめ 初編~三編
ラジオ日本 聴
く図書シリーズ」

iTunes ストアで購入できます・・・・・・。

このオーディオブック、何とも、す――と
心地よく頭に入ってきてとても新鮮でした。

その理由は、朗読の井田由美さん。
元日本テレビのアナウンサーであり、
とても落ち着きのある、そして悠然とした声。
語りかける声は感動でした。

「読む、学問のすゝめ」から「聴く、学問のすゝめ」へ・・・・。

混沌としている今の日本の状況、
福沢諭吉の著書が今、いろんなところで取り上げられています。
(昨年は慶應義塾の創立150周年ということもあったそうですが)

人間は自分のためだけに一生懸命になったり、
国や政治家の批判ばかりしたりせず、
もっと、自分たち自らが学んでいこう・・・・!
周りのため、人のため、利他の精神で生きていく・・・・。
そうすることによって、それがやがて国のためになっていく、
国を自分たちが支えていく・・・・。

若年層が希望を持てる世の中にするために
もっと、大人たちがしっかりと学んで行く必要があるのですね。


「井田由美で聴く・学問のすゝめ 初編~三編
ラジオ日本 聴く図書シリーズ第23弾」
http://itunes.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewAudiobook?id=297595179&s=143462

2009年1月 1日 (木)

2009年 おめでとうございます!

新年明けましておめでとうございます

本年も宜しくお願いいたします


    2009年 元旦 丑年
    「yumi日々感謝blog」 yumi


010_4

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31