AddClips

スターバックスコーヒー

47News

無料ブログはココログ

« 2009年 おめでとうございます! | トップページ | 七草がゆ »

2009年1月 5日 (月)

「学問のすゝめ」

「天ハ人ノ上ニ人ヲ造ラズ人ノ下ニ人ヲ造ラズト云ヘリ」。

福沢諭吉 著書:「学問のすゝめ」の
有名な一節です。

活字では読まれている方も多いと思いますが、
最近、オーディオブックで見つけたのです。

「井田由美で聴く・学問のすゝめ 初編~三編
ラジオ日本 聴
く図書シリーズ」

iTunes ストアで購入できます・・・・・・。

このオーディオブック、何とも、す――と
心地よく頭に入ってきてとても新鮮でした。

その理由は、朗読の井田由美さん。
元日本テレビのアナウンサーであり、
とても落ち着きのある、そして悠然とした声。
語りかける声は感動でした。

「読む、学問のすゝめ」から「聴く、学問のすゝめ」へ・・・・。

混沌としている今の日本の状況、
福沢諭吉の著書が今、いろんなところで取り上げられています。
(昨年は慶應義塾の創立150周年ということもあったそうですが)

人間は自分のためだけに一生懸命になったり、
国や政治家の批判ばかりしたりせず、
もっと、自分たち自らが学んでいこう・・・・!
周りのため、人のため、利他の精神で生きていく・・・・。
そうすることによって、それがやがて国のためになっていく、
国を自分たちが支えていく・・・・。

若年層が希望を持てる世の中にするために
もっと、大人たちがしっかりと学んで行く必要があるのですね。


「井田由美で聴く・学問のすゝめ 初編~三編
ラジオ日本 聴く図書シリーズ第23弾」
http://itunes.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewAudiobook?id=297595179&s=143462

« 2009年 おめでとうございます! | トップページ | 七草がゆ »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

yumiさん

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
昨年はyumiさんのブログからたくさんのことを教えていただきました。
とりわけ、昔住んでいた京都関連の情報は、自分が直接見ることはできないのですが、今の京都の様子を知ることができて、なによりも楽しみなコンテンツの一つです。
京都〇七五に関する情報をいただいたおかげで、東京で開催されたコーヒーイベントにでかけることもできました!
これからも楽しい情報、役立つ情報を提供してくださいね!

今回のコンテンツもとっても興味深いですね。
近代文学を久しく読んでいないのですが、オーディオブックとして発売されてるんですね。
ちょっと聞いてみたいと思います。

先月、元Johnson & Johnson日本法人の社長であった新将命さんの講演を聞いたのですが、そのとき、こんなことをおっしゃっていました。
=====================
自分の中で情熱を燃やし続ける人になるためには、目標人間になりなさい。
その目標とは、
1.会社関係
2.家庭、家族
3.経済(お金)-蓄財
4.教養
5.健康

教養は、人間としての幅広い知識を身につける
ために必要です。教養の中には、有用の学と無用の学の二つがあります。
若い頃から有用の学だけだとそこの浅い人間になってしまいます。若い頃から無用の学を身につけることで、魅力的な人間になります。
古典を読むことも怠らないようにしてください。
=====================
とかく実学傾向が強くなり、私自身もビジネス書ばかり読むことが多いのですが、小説や近代文学、古典も読むように心がけようかな、と思っていたところでした。
オーディオブックですとどこでも聞けるので、通勤のときなどにちょうどいいですね!

貴重な情報ありがとうございました!

井上真改さん。

こちらこそ、
本年もよろしくお願いいたします。

ブログに来ていただいてありがとうございます。
そして、いつものように
温かいコメントをいただけて
今年も元気に頑張れそうです!!

学生の頃、京都にお住いになっていたので
私のブログで京都の懐かしさを感じていただけていたのなら
こんなに嬉しいことはないです(涙)

蒸し暑い夏、底冷えのする冬。
離れてみるとやけに恋しいと友人も言っておりました。
紹介させていただいた「本」がきっかけで
イベントにも行かれたようで何よりです。

情報をキャッチして「タグづけ」を(勝間さん)しておけば
自分の行動に結びついてよりたくさんの学びに
結びつくのですよね。

私も昨年はそんな経験をさせていただきました!

今回の「学問のすゝめ」オーディオブックは
おススメです。
ご存知の方もおられるとは思いますが、
最近、古典(特に論語)暗誦を薦める書籍が出ていますが、
>有用の学、無用の学。

ほんとにそうですね。
特に子供たちにですが、内容は理解できなくても
とにかく、暗誦する。
論語は人生の処世訓が書かれてあるので
解釈は人生の経験が深くなるにつれて理解できるようになると思います。
今は、無用の学でも必ずきっと、役立つ時が来る。

そういうものを、これからも学んでいきたいですね♪

>目標人間になる。
貴重な講演のお話、ありがとうございます。

年を重ねると特に必要だと思います。
いつまでも生きることに
情熱を持ち続けていたいですから・・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1013413/26803097

この記事へのトラックバック一覧です: 「学問のすゝめ」:

« 2009年 おめでとうございます! | トップページ | 七草がゆ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31