AddClips

スターバックスコーヒー

47News

無料ブログはココログ

« 真っ赤!豪華なサイン会。 | トップページ | 子どもたちを有害情報から守る! »

2009年5月 5日 (火)

「こどもの日」に想う。

いつの時代も「子」は宝です。

今日、5月5日は「こどもの日」。

乳幼児から幼稚園児、小学生から中学生・・・・・。

どの年齢も、愛おしく可愛らしい時期です。
日本の人口、15歳未満の子供の数は28年連続で減少、
世界でも最低水準となっているそうです。
総務省:統計トピックスより


少子化を議論する前に、家庭を持つことの素晴らしさを
推奨している書籍も多く見かけます。

もちろん、個人個人の人生は自分のものであり、
生き方も様々であってよいのです。「自由」が現代の私たちにとって
唯一の幸せでもあります。

少子化を語るとき、婚姻関係にある者すべてが子供を産むべきということではなく、
「子供を持ちたい!」と願う人たちの想いを仕方なく断ち切らせてしまっている
今の状況に問題があるのだと、思っています。

経済的な理由での断念や、住まいの問題、
将来に対する不安など・・・・・・。


これから、家庭を持ち家族を作ろうと思っている若い人たちに対して
安心して子供が産めるような、子育てが出来るような環境を整えることを
気づいた者たちが積極的に行動を起こしていかなくては
いけないのではないでしょうか・・・・・・。


その行動は、どんなことでもいいと思います。小さなこと・・・でもです。
自分自身が得てきた、子どもとともに笑ったり泣いたりしてきたことの喜び
毎日毎日、同じことの繰り返しではあるけれど
「人」を育み、子の成長の手助けが出来ることへの喜びなどは、
大きな充実感があります。

少子化の要因は、長時間労働や地域とのコミュニケーション不足
社会保障、貧困格差・・・・と多くの問題が取り上げられていますが
何より、日頃から温かい目で支援する。という心がけが大切だと感じています。

一部の人間が豊かで生きやすい世の中ではなく
国民みんなが豊かでいられるようなそんな国。

心から「子どもの日、おめでとう」といえる世にしていかなくては
ならないと想う日でした・・・・・。

« 真っ赤!豪華なサイン会。 | トップページ | 子どもたちを有害情報から守る! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1013413/29444821

この記事へのトラックバック一覧です: 「こどもの日」に想う。:

« 真っ赤!豪華なサイン会。 | トップページ | 子どもたちを有害情報から守る! »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31