AddClips

スターバックスコーヒー

47News

無料ブログはココログ

カテゴリー「心と体」の投稿

2009年6月25日 (木)

心配しないほうがうまくいく。

どうしても、心配事って起きてしまいます。

それも、突然やってきて一瞬にして気持ちが暗くなることです。

考えれば考えるほど、気持ちが落ち込んで
結局、「あ~~あ~~・・・・・」
ダメ、ダメ、忘れろ忘れろ!って、ますますそのことを意識することになったりして・・・・。

でも、心配したってどうしょうもないのです。
解決策を考えることは、1歩前進したことになりますが、

「こうなったらどうしょう・・・」
「うまくいかなかったらどうしょう・・・」

ってひたすら想像するだけではカラダに毒です。
この暑さでだるいカラダが余計にだるくなります・・・・・。

そんなとき、思いだしましたよ。


浅見帆帆子さん「あなたは絶対!運がいい2」(廣済堂出版)

あなたは絶対!運がいい〈2〉夢の実現力―確信すれば思いはかなう


プロゴルファーの「横峯さくらさん」もこの本を絶賛!!
こんな記事まで見つけました。


彼女の最近の活躍ぶりの秘密はこの本にあったのかも!!
さずが、一流のスポーツ選手は何事も取り入れて実行してしまうことも一流ですshine

話はもとに戻しますが、
心配事を無理やりにポジティブな考えに持っていくのではなく、
そのこと自体、考えることをやめてしまう
これです!!
これが一番よい方法です。

無関心になる。

心配事から逃げるという、マイナスなことではなく
ただもう無関心、考えなくていいのです。なんて「安心感」!ホッとします。

そのことに無関心になってわかりもしない先のことをあれこれ考える時間があるのだったら
もっと気持ちのいい、気分のよくなることに時間を使えばいいんですよね~~~。

●職場や学校で会う人に笑顔で挨拶する
●友人を思いやる
●家族に優しくする
●部屋をきれいにする、花を飾ってみる
●規則正しい生活をする
●どうでもいいことにイライラしない     (本文:P123より)


忘れていました・・・。大事なこと・・・・。


いろんな環境において必ず起こってしまう心配事。

過去の体験や経験から想像を膨らませてただただ、心配してしまうことも
こういう考え方をすれば、ぐったり落ち込まずにすむんですよね・・・・・。

よっし!!

2009年5月17日 (日)

「骨気」で手軽にマッサージ

この間、腰をかがめた時、「ギクッ!!」
・・・・前から持っていた「右」の腰痛が出てきてしまいました・・・・。

自分で気になってはいたのですが、
思えば、何かとトラブルが起きるのはいつもカラダの「右側」です・・・。


それに関連して、カラダについて
今、書店に目立って並べてあるものの1冊、


1分顔上げ骨気(コルギ)メゾットです。

1分顔上げ骨気(コルギ)メソッド―たるみがなくなる!小顔になる!顔の形が変わる! (レタスクラブMOOK)

顔の土台である「骨」を押し上げ、刺激を与えることで
血行を良くしたり、骨と骨との老廃物を流すという
美容の面からも健康の面からも美しくなろう・・・というもの。
わずか、60ページほどの本ですが
大きな写真入りで詳しく書かれていて
分かりやすい!

そして、もう1冊は、
経路リンパマッサージ


「経絡リンパマッサージ」からだリセットBOOK


リンパの流れを良くすると、どういう効果があるかということが
カラダの部位別に詳しく書かれているものです。
かなり本格的です。

どちらも、手軽に自分で出来る
実用書です!

毎日知らず知らず、同じ姿勢で長時間作業をしていて
気が付くと痛みだしたり、
足がむくんだり、眼が疲れたり・・・・なんてこと、ありますよね。←私のこと。

家庭でも出来る手軽なマッサージで和らぐことが出来たら
こんなに良いことはないです!!!

眼の疲れには、眼の上の骨(眉毛の部分)を親指でイタ気持ちいいくらいに
押すことでスッキリしてくるし、
足の疲れはふくらはぎを指でつまむように
下から上へ指圧でマッサージすると
ほぐれてポカポカしてくるし・・・・・・・・。

あと、カラダの「歪み」が気になったら
利き手じゃないほうで作業することも心掛けたいです。

例えば・・・
歯磨きをたまには利き手ではないほうで磨くとか
電話をいつもと反対の耳で聞くとか
テーブルはいつもと反対の手で拭くとか・・・・・・
とにかく、意識して両方の手を動かしてみるというのはどうでしょう・・・・・・・


時間があれば、朝のほんのちょっとした時間に
また、夜寝る前の数分間、ホームケア。
カラダが痛いのは本当にツライもの。あ―、ツライツライ。

手軽にできれば、気分もスッキリしてきますshineshine
元気になります!

2009年2月 6日 (金)

三毒を断つ

仏教の考え方のなかに「煩悩」という言葉があります。
「煩悩」は苦しい心を作るものだという考えです。

数えれば、きりのないくらいの数。
それを体の中に摂り入れるとたちまち「毒」がまわるという、
その中でもとくには3つ。

■妬み

■怒り

■痴(ち)


これが沸き起こってきた時、
自分の心の中でコントロールすることによって
たちまち追い出す、追放出来てしまう、

ご存知・・・・「三毒追放」です。
ご存知・・・というのは、勝間和代さんが実行されて
物に対する考え方(毒のない)が変わり
良い結果をもたらしてくれたため、
強く奨められています。


008


もちろん、実行しています、
そして、「毒」がまわっていないおかげで
日々、気持ちよく
生活しています。


でも、今一度ここで・・・
改めて・・・・・・!

2009年1月29日 (木)

手洗い・うがい・睡眠

ひどかった咳風邪の具合も
良くなってきました・・・・。

勤務先、館内の乾燥で喉にダメージを
受けていましたが、
何とか凌いでいます。


008

これです!!→
「ゆず茶飴」!


カンロののど飴です。


「ゆず茶ペースト」が
入っていて
とても、おいしいのです――。

おかげで、喉は潤ってくるので
水分を余計に摂らずにすんでいます♪


カンロってたくさんの袋入りのど飴を
販売しているのです。
おかげで詳しくなりました。

(サイトはこちら♪)

この時期、空気の乾燥で
ウイルスが活動しやすく感染しやすい状態です。

とにかく、

「手洗い・手洗い・手洗い」
「うがい・うがい・うがい」
「睡眠・睡眠・睡眠」
です。

勝間式、三段活用。


2月、3月と、まだまだ油断はできませんが
予防を心がけて元気に過ごしたいものです・・・・・。

*前回記事ではお見舞いコメントいただき
ありがとうございました――。

2009年1月25日 (日)

風邪、ひいています・・・・。

今月の20日過ぎから、喉に痛みがあり
あっという間に咳風邪に・・・(私は「喉から」)

それでも、何とか仕事へは行っていますが、
のど飴を絶えず補給・・・・。
非常にコンディション×です・・・・。

就寝時には「マスク」、
そして、首を冷やさないためにタオルを巻いて
(パッと見たら非常に怪しい・・・・・)

咳のおかげで目の下には「クマ」、
しかしそんな、体調ながらも
日々頑張っています―――。

巷では「インフルエンザ」の声も
ちらほら・・・・・。
とにかく、早寝、食事バランスに気をつけて
克服いたします・・・。


この間、実妹宅できれいに咲いていた
「オリエンタルリリー」shine

これを見て元気になるぞっ!!

004

2008年12月11日 (木)

目の乾き、大丈夫ですか?

いきなり、目薬のCMみたいなタイトルで・・・・・。

私は「「コンタクトレンズ」を使用しています。
「メニコン・マンスウエア」という
1ヶ月交換型もので、常備分がなくなってきたので
検診を兼ねて眼科へ購入に行ってきました。

診てもらうとほんのり右目が充血しているとのこと。
環境からくる「ドライアイ」の症状です。

もちろん装着時間をかなりオーバーdown
とても優等生とはいえません・・・・・・。

PCによる、まばたきの減少や
とても快適だけど空調による部屋の乾燥など
仕方ないけれど知らず知らず目を酷使していますsweat02

まばたきは涙の入れ替え。車のワイパーのような役割です。
目に新しい涙の膜を広げてくれるそうです・・・・。

そして、長時間暖房の効いている部屋にいることは
空気の乾燥を速めていることで、涙への影響も大です。

少しでも目への負担を
(コンタクトレンズ使用されている方には特に)
なくすために、部屋を加湿するとか、
PCの使用時間に気をつけるとか、
点眼薬(眼科医に処方してもらった専用のもの)を使用する、
こまめにレンズを外して専用液で洗浄するとか

気をつければ大事な目を悪化させずにすみます―――happy01

2008年10月11日 (土)

高麗人参エキス入り石鹸

栗ごはんもおいしく頂いて
(次男には、ウケがよくなかったのですが・・・sad
母の「腕」がワルいのではなく
単なる嗜好の問題です)

秋を感じていたある日、
急に「顔」、しかも頬骨から下の辺りに
「かゆみ」が発症!!
みるみる、肌荒れへと変わっていきました――。

おおォ~~weepかゆい、ひりひりするわで
一挙に「憂鬱」に。

季節の変化に反応したのか、コーヒーの飲み過ぎか、
寝不足??、ビタミン摂れていない??
原因をいろいろ考えました、いやこれはもう、
そろそろ○○○なのか!!
とか・・・。sweat02

その心の叫びが聞こえたのか、
「島根県、松江市」の日本庭園「由志園」に行ってこられた方から
高麗人参のエキス入り保湿石鹸をいただいたのですshine


「高麗人参」は健康栄養食品で
石鹸のほか、有名なドリンクや粉末剤、シャンプーやトリートメントなんかも製品として販売されています。
栽培も難しく「黒ぼく土」(火山灰土壌)でしか収穫できないそうです。


化粧をするため、(かゆいので、したくないのですが)
汚れを落とすときに使ってみました。


それと、並行してコーヒーをハーブティーに替え、
早く休むように心掛けると、
肌荒れも、かゆみも治まり状態が良くなってきました。
でも、まだ乾燥するので保湿は欠かせません。

季節の変わり目って本当にカラダに何か
変化が起きますね・・・・・。

先日、NHKテレビ「だんだん」の記事
アップしましたが、

島根県が舞台となっていただけに
石鹸をいただいたことに「縁」のような
まさに、「シンクロ」を感じました。


おかげで、短期間で元に戻り、
気持も引き締まりました。

ありがとうございました。「だんだん!!」
(島根県、出雲の方言で
「ありがとう」を「だんだん」というそうです)

2008年8月25日 (月)

ロールモデル思考

「ロールモデル」って意識したことがありますか?

生きていく上でその人の「行動」や「存在」が手本となる・・・という意味ですが、

いつもお邪魔するKarenさんあさぼっちさんブログでお薦めされていた、

「私塾のすすめ」:斎藤孝/梅田望夫著(ちくま新書)に「ロールモデル思考」について記されてありました。

本書では、「私のロールモデル」ということで、それぞれ3人ずつ名まえを挙げられていました。

斎藤孝さん曰く、名前を挙げる人物が1人だと、「とにかく凄い人物だから」という単純な理由になってしまいがちですが、3人選んでもらうとその選んだ当人の個性が浮かび上がるのだそうです。

お二人の「ロールモデル」の概念とは・・・・・・・・

斎藤孝さん: 好きで自分に似ていると思う人というのはその人の著作を読んで爆笑してしまう。スケールで考えると、自分がニーチェや福沢諭吉のようなスケールで生涯を終えるとはさすがに思わないけれど、そういうことを僕はあまり問題にしていません。自分がその人に似ているかどうか、「あこがれるかどうか」が重要だと思っています。

梅田望夫さん: 「この人のこういう生活の、こういう時間の流れ方がいいな」僕はわりと「時間の流れ方」というテーマにものを見ます。内側から流れる時間感覚より外から確認しやすい「時間の流れ方」です。   (本書引用)

・・・・・・・・・・・・・・・・

お二人の考えかたに共感しました。

伝記や偉人伝のロールモデルはあまりにもその人のスケールや生きてきた時代背景からとてもこの人のようにはなれない・・・・。と思うこともあります。レベルが違ってもその人物の考え方、困難に立ち向かうときの姿勢、常に基軸となっているもの、向上心・・・など その人物のスタイルを真似することは出来ます。

それと、梅田さんのいう、「時間の流れ方」という視点が新しいです。皆、一日の持ち時間は24時間です。こういう、毎日を過ごしたい。自分の思っている時間の使い方をしている人に出会ったらそれは「憧れ」として映るでしょう。そして、同じ24時間を使うのであれば「憧れ」の24時間へ近づけるように行動として現わしていきます。

ちなみに

●斎藤孝さん

・ 「ナポレオン」

・ 「嘉納治五郎」

・ 「ゲーテ」

●梅田望夫さん

・ 「今北純一」

・ 「エスター・ダイソン」

・ 「村上春樹」

本書では、それぞれこの3人を「コラム」として挙げられて理由を述べられています。

おまけなのですが私は・・・・・・、

3人は今、思い浮かばないです・・・・・。もっと読書でたくさんのかたの経験されたことを知り、思考に幅を付けてから3人と言わず4人、5人・・・と増やせていけたらいいですね。

私が今、1人挙げるとしたら、作家の「塩野七生さん」です。 学習院大を出られてから「イタリア」へ遊学。その後・作家活動をされてから再び「イタリア」へ移住。イタリア永住権を得て、「カエサル(ジュリアス・シーザー)」の古代ローマを題材にした「ローマ人の物語」を年1回のペースで14年間かけて完結となった作品を出版された方です。(他にも書籍多数)。やはり、情熱というか、歴史小説を執筆することは身を削るような作業。それも異国で書き上げる(エッセイでは、移住するほうが書きやすいといわれていました)。その「古代ローマ」に人生を賭けた姿に尊敬しています。それに、とてもお洒落でイタリアブランドを着こなされていますcute

何となく・・・・ではなく

明確に「ロールモデル」を力にしてみませんか・・・・・。

2008年3月18日 (火)

いつ、認める?「私、花粉症?!」

今日、仕事場でのこと。

私が鼻をすすっていたら、I野さんが、

「もしかして・・花粉症ですか?私、昨日から鼻が出てきて・・とうとう来たか!って

覚悟はしていたんですけど・・・・・」  そこで、気づきました。

花粉症って認めることは覚悟がいるんだ、向こうのデスクでH田さんが

「おいでぇ~~待ってるよ~(たぶん、花粉症の世界のこと。)」

今や日本国民の15%が花粉症ということらしいが、正確なデータは依然出されていない

。でも、確実に毎年増えてきていますよね。

ゴーグルにマスクの人も見るし、私のようにくしゃみにタラ~んと、

出てくるだけの人もいる。

医療機関で検査をしてもらわない限り判断は出来ない。抗体を調べるとか

アレルギー反応を観察するとか。

症状はさまざまで、私のような場合はアレルギー性鼻炎なのだ。(一緒か・・coldsweats01

認めることに覚悟がいる、花粉症。症状に変化がありませんように・・・・・。

☆症状がひどい場合は、診療してもらいましょう。初期段階だと

重症にならなくて済むそうです(!)

   

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31