AddClips

スターバックスコーヒー

47News

無料ブログはココログ

カテゴリー「花ライフ」の投稿

2009年4月17日 (金)

大きくなれ。

今、気にいっている観葉植物があります。

じゃ―ん―。

「シュガーバイン」です!


これ。

001


ネーミングもかわいらしいうえ、
この「葉」も非常に
かわいらしいのです・・・・・・。

この、「シュガーバイン」はつる性植物なので、
手をかけても、かけなくても(水やりはきちんと)
枝が垂れていくので
まさに、私の好みのタイプなのですheart

なんとなくヨーロッパな感じがまたなんとも好いです。


人気の観葉植物で
おしゃれな鉢植えにカッコよく垂れ育ったものを購入しようとすると
?千円もするのです。


ここは、少し気合いを入れて
カッコよく育ててみようではないですかnote

今はちょっと、お古の鉢に入れてしまっているが、
もっと、おしゃれなヨーロピアンな鉢にでも
移し替えたいなぁ・・・・・・・。


これからの季節はやっぱり
「新緑」が良く似合う。

002


いい感じ。
5枚の
かわいい葉。

2009年3月 6日 (金)

カシニョール展 美術館「えき」KYOTO

京都駅ビルにある、JR京都伊勢丹7F美術館「えき」。

今日は、以前から行ってみたかった「カシニョール展」へ。
~華麗なる“花と女性たち”~と題されているとおり、
「パリの女性」やたくさんの花々、緑の公園・・・・・など
油絵や水彩画など約60点が展示されています。


とても、優しい色彩です。shine
たくさんの魅力的なパリの女性を見ることが出来ました。
おしゃれなファッションに大きな帽子。

一度見るときっと静かな感動が沸きます。


ジャン=ピエール・カシニョールと親交の深い
黒柳徹子さんの肖像画も描かれており、
2点が展示されてありました。


そして、この催しに文字通り花を添えているのは、
京都・フローリストショップ「プーゼ」の花たちです。

展示会場内の2か所に「プーゼ」の浦沢美奈さん
アーチが飾られてあり、
ミュージアムショップにはたくさんの「プーゼ」の
花たちが待っていました――。


009


可愛かったので思わず購入しました♪

012


※美術館「えき」
カシニョール展~華麗なる“花と女性たち”~

2009年 2月27日(金)~3月29日(日)
開館時間=午前10時~午後8時

2009年2月 7日 (土)

プレミアム・レッスン「プーゼ」と「ガトー・ショコラ」

今日は待ちに待った、「お花」と「お菓子」の
特別レッスンのイベントですshine

京都「フローリスト・プーゼ」のフラワーアレンジメントと
「ラ・キャリエール」のバレンタイン焼き菓子のコラボレーション。

場所は、河原町御池にある
「ラ・キャリエール」クッキングスタジオにて。


そして、今回講師をしていただくのは
「プーゼ」代表、浦沢美奈先生です・・・・・・heart04

京都に4店舗を主宰されているうえ、フラワーアレンジメント教室も開講されています・・・。
浦沢美奈さんのアレンジは本当にステキshine
雑誌掲載やイベントなどにも幅広く活躍されていて、
3月には、本が発売されるそうです・・・・。


今日のレッスンは、「バレンタインリースとガトーショコラ」を作ります。
お菓子は「ラ・キャリエール」の講師の方に教えていただきました。

まずは、実習室にて
用意されている材料をレシピに沿って手早く作っていきます。

あ~~、お菓子を作るなんてひさしっぶり!!です・・・。
湯煎で溶かした「チョコレート」が甘く香り良く漂ってきます・・・・・。

オーブンで20分焼いたら出来上がりです。

その間、今度は部屋を移動して「リース」を作ります。

ベースはミモザ。
ミモザはヨーロッパでは「愛の告白」という意味があるそうです。
そして、リースは「永遠」。
ん~~、なるほど・・・。

浦沢美奈さんは楽しいお話をしながらも
見本を、素早くパッパパ・・・と作られました・・・
すごいです・・・。優しい雰囲気も醸し出しながら。


001
先生の作品。素敵です。

002
どうやら私は一番に出来あがったようで・・・(笑)
お褒めをいただいて
写真に収めました。
チューリップ
ラナンキュラス
ユーカリ
アイビー
スイトピー

他の方もみなさん、個性的で上手に作られていました。

出来あがった「ガトー・ショコラ」の写真ですが
うまく撮れなかったのでごめんなさい・・・・。
でも、おいしそうに焼きあがりましたよ!!

「お花」と「お菓子」のある暮らし。
幸せなひとときを過ごせました。
003_2
004_2

2008年12月19日 (金)

ポインセチアとビオラ

寒い冬でも、花を楽しむことが出来ます・・・・。

「花時間」
の記事に書いたように生活を楽しむために「花」があると
心が和みます。

今、家にある花です。
まずは「ポインセチア」。
これは、クリスマスに欠かせません。
店のあちらこちらにディスプレィ用として目にします。

006


005_2


そして、こちらが
「ビオラ」です。
なんとも愛らしくて
好きな花です。
種類はとても豊富。品種改良でたくさんの花が
出回っています。

「黄色」や「紫・白・黄」の
トリコ、
「赤紫」など、何株かの
寄せ植えです。

パンジーとビオラは
同じ種類のですが、
パンジーの花径は5cmぐらい、
ビオラは少し小さく3cmぐらいでしょうか・・・・・。


冬は水やりも慎重に。
表面の土が乾いてきたら与えるようにします。
それも、土に沁み込む程度に。


少しでも花を長く楽しめるように状態を気にかけながら
きれいに咲いてくれていると
「ニンマリ・・・・」とする毎日です・・・・・・。

2008年12月16日 (火)

花時間

「花」は気持ちをリフレッシュさせ、心を豊かにしてくれます。


そんな花が満載の雑誌、「花時間」
新春特大号は、花が招く福・新・年
ということで
新年の花の紹介や「掛ける」「置く」で迎える
玄関のお正月飾り、

「松」と「赤い実」で福を呼ぶ!

たくさんのアレンジメントを紹介されています。

「花のあるテーブルへ」

新年を食卓でお祝いする場面でも
「花」をちょっとしたアイデアでアレンジして
洋食・和食・など器と一緒にコーディネイトすることを提案されています。


和食の場合、
重箱に「松」や「椿」「葉ボタン」など少し差すだけで
お正月らしく華やかに。


箸置きにも、水引を留めてそこに「松」を差しても
いいでしょう・・・・・。

本誌掲載の花材について知りたい場合は
ここをクリック!!

いろんなアレンジメントの応用に便利です!


今月号は「バラ」の2大別冊付録

「花の三都」バラカレンダー(1月~6月)

京都、「フローリストショップ・プーゼ」
浦沢美奈さんの「バラ」アレンジです~~

うっとり~~shine


今はネットでいろんな情報を入手することが出来ますが
中でも優秀な「雑誌」はやはり、丁寧に作られてあり
取材力があると思います。

時間をかけて作られる厳選された写真や、
何といっても「紙」一枚一枚、めくっていく楽しみがあります。

画面上では得られない、優秀な「雑誌」の魅力を忘れないように
したいですね・・・・。


花時間 2009年 01月号 [雑誌]


今月号の
壁紙です。


Wall01800_2

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31